調理師

「『調理師』の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者を言う(調理師法第2条)」と法律に記述されています。


調理師になるには

調理師免許の取得方法は次の2通りあります。

(1) 厚生労働大臣が指定した調理師学校(養成施設)に入学し、1年以上調理師として必要な知識及び技能を修得した者。

(2) 中学校を卒業した者で、2年以上飲食店などで調理の実務(助手や見習い)を経験した後に、厚生労働大臣が定めた基準により都道府県知事が行う調理師試験に合格した者。


栄養士

学校などで栄養指導を行ったり、献立を考えたりするのが栄養士の仕事です。
管理栄養士を目指したり、フードコーディネーターとして活躍する場合もあります。


栄養士になるには

栄養士養成施設や大学などで勉強し、卒業後都道府県に申請をすることで栄養士として働くことができる。
その後は実務経験を積めば管理栄養士などの資格を取ることもできる。


求人の疑問点について

ざっと目を通していると求人の疑問点が思い浮かぶ事もあるかと思います。

求人の疑問点については、応募をするかしないかという事に関わる様な大事な事であれば、求人に応募するまでに問い合わせをするのもいいかもしれませんね。

また、求人を見て疑問に思う事があったとしても、それほど重要ではないが知っておきたいと思う事であれば、内定をもらった後に質問するのもいいかもしれませんね。

求人については、小さい文字で書かれている内容や、文章が長い場合であっても、重要と思われる事が書かれている事もあるかと思いますので、きちんと読む様にしたいですね。重要性が高いと思われる事については、後回しにしない様にしたいですね。