弁護士、司法書士

特定調停とは、債務整理の手続きのうち、自分でできるというのが特徴ですね。 任意整理は弁護士や司法書士に依頼して、金融業者側と交渉してもらいますが、特定調停は裁判所を介して自分で手続きをするのです。

メリットとしてはもちろん費用がとても安く済むことにありますが、業者との交渉や様々な手続きを全て一人でやるのは困難です。

ですから、この調停の場合も弁護士や司法書士に依頼した方が便利です。

もちろん報酬は払わなくてはいけませんが、任意整理よりは安くつくでしょう。債務整理をするくらいですから、お金がなくて大変だとは思いますが、こういったことはやはり弁護士や司法書士といった専門家に任せた方が無難なのです。