フードスペシャリスト

食の専門家がフードスペシャリストです。
食生活が変わりつつある現代においては非常に重要な職業です。


フードスペシャリストになるには

フードスペシャリスト資格認定試験に合格することが必要となります。
受験資格として社団法人日本フードスペシャリスト協会が認定した169校の大学、短期大学のフードスペシャリスト養成課程で、必修科目21単位以上を修得しなければなりません。


職種から選ぶ求人

美容師として働きたい、弁護士として働きたいなど働きたい職種が決定している場合には、求人を選ぶ時にまず職種を絞る事もできます。

しかし、美容師や弁護士の様に資格試験に合格していないと応募する事ができない求人もあります。また、面接の際に証明書を提示しないといけない事もあります。

その一方で、未経験でもやる気があれば、採用してくれる求人もあります。

ですので、求人探しをする事も大事ですが、自分が希望する職に就くには、求人に応募するのに資格が必要であるかどうかという事を確認する様にしたいですね。場合によっては資格取得を先にクリアしないといけない事もあります。また、任意だけれども持っていた方が有利になりやすい資格もあります。